*

ドメインの種類はワールドカップレベル!?

公開日: : 最終更新日:2014/05/15 ノート

サッカー日本代表決まりやしたね!
女子も男子も勝ちまくるといいね!

サッカーを応援しつつ今日はドメインの話です。

ほぼワールドカップレベル

国の数だけ、カテゴリの数だけ、ドメインは増え続けているんですが、正直、全部でどれだけになるのか、把握できていない。間違いなく各国に割り当てられているだろうからオリンピックの参加国以上、いやワールドカップの参加国以上はありそう。

取得制限

最近は国別トップレベルドメインもいくつか所得制限など緩和されてきてる。
JPドメインは日本国内に住所が必要というのは変わってないけど。
USドメインも同じか。

国別だと3文字や一般的な文字列など取得する場合、費用がやたらかかるのもある。
最初は割と自由に使えそうだったのが、制限が厳しくなっちゃうのもある。
国別はその国の政治や経済状況にも左右されるだろうから仕方ない。

.CO .ME .TV .CC

COドメインやMEドメインやTVドメインにCCドメインはかなり浸透しているのでそうそう制限がかかることもなさそうなので、com/net/info/biz/jpでとれなかったなぁという文字列があったらチェックしてみてもよかと思います。

.COOL .TIPS .みんな

最近は新gtldも追加されてきているので、gtldとcctldでいったい何種類になるだろうという感じ。
ってことで自分も各ドメインについての知識もあやふやなので、時間を見つけて整理して見ようかなと思っています。
ドメインはブランディングにも役立ちかなり便利なツールでもあるし、何せ自分がドメインが好きなのだから仕方ない。
ついでにレジストラ(ドメイン管理会社)のついても整理したいところ。各社サービスや金額に特徴があるので。
自分の場合、購入したいドメインがあると各社のキャンペーンや価格はざくっと全部調べちゃいますね。
とくにキャンペーンを利用するとお得だからね。

ちゃんとできるかわからないけど、己の学習のためにもなるのでがんばります。

 

 

(PR)




関連記事

2018年はインフルエンサー合戦が本格化したな

wordpressの更新作業したらエディターが新しくなって「わからねえ」となっているbiztra

記事を読む

WEBサイトのドメインにハイフンを使うのは有り?

とあるサイトでWEBサイトのドメインにハイフンを使うのはどうなのかという質問があって、その中の回答で

記事を読む

新gtld、チェックしてるでござんすか?.loveと.siteがもう登録可能でござった!

完全にうっかり! 新gtldの.loveと.siteがもう登録可能になってるでやんす! どち

記事を読む

グループG-ワールドカップをドメインという視点で見てみる!

ワールドカップをドメインという視点で見てみる! ここにも優勝候補ドイツがいる。さあ、G組をみるべし

記事を読む

開業にともなうドメイン取得

個人法人問わずビジネスをはじめるときには必ずと言っていい程ドメインの新規取得が必須になる。 独

記事を読む

ドメインの文字列、複数形のSとハイフン有無について

ドメインの文字列を決定する際、些細なことのようだけど、複数形のSとハイフンの有る無しに関して迷うケー

記事を読む

新ドメインの『.CLUB』がなかなか好調そうだ!

新ドメインの様子がどうなっているのか気になったので、100個程メジャーな文字列&需要の高そう

記事を読む

円安の影響?ドメインの価格がかわりそうよ!

ドメインレジストラのお名前.comからお知らせメールが届いた 前置き無しに書いてしまうと為替の

記事を読む

freenomでのgtldの登録が再開されてるぞ!

先日、っていっても1ヶ月以上前のことだが、freenom.comでgtldの運用している人は注意した

記事を読む

安全なドメインと危険なドメインの境界線

よく.JPはスパムサイトの運用率が低く、.INFOなどはスパムサイトが多いというような記事をまだ見か

記事を読む

(PR)




(PR)




新年号「令和」とドメインと

新年号「令和」 新しい年号決まったな まあ、なんか決めなきゃい

Vtuberのなかに企業運営が大いに混ざっている件

Vtuberのライセンス事業が始まったな 大人気バーチャルユー

2018年はインフルエンサー合戦が本格化したな

wordpressの更新作業したらエディターが新しくなって「わから

国税庁の法人番号公表サイトを知っているかね?

国税庁の法人番号公表サイトを知っているかね? タイトルそのままだ

床屋のコスパがよすぎ!男は黙って床屋へ行け!

久々に床屋行ったところから話は始まるわけだが、今の心境を一言で言うと「

→もっと見る

PAGE TOP ↑