*

デザインテーマの候補

公開日: : ノート

サイトの使い勝手をなんとかしないと

でも書いたので、実際にデザインをどれにしようかとあれこれググりました。

結論から候補は2つ

1.Stinger3

  • アフィリエイターやブロガーに人気らしく、出来上がるサイトが構造的にSEOにもいいらしい。このサイトではSEO的によくなったとかわからないだろうけど(比較の基準がないから)。
  • 出来上がるサイトは2カラム(メインコンテンツ+サイドバー)になる。
  • 無料のテーマだし、利用者も多いから使用にするのに問題ない。
  • ブログをやるにはプラグインもほぼ必要なし。カスタマイズも程々にすればいいので記事の作成に集中できる。

2.Themify

  • 海外のテーマ。
  • 無料と有料があり。
  • Themifybuilderって機能に惹かれました。
  • ドラッグアンドドロップでさくさくページを作れるらしい。
  • 国内のブロガーでも利用者が実は多いみたいだけど、あまり話題は少ない。
  • レイアウトを自由にできる機能はかなり興味がある。
  • 最大のハードルは海外のテーマだから日本語化できるかとわからないことがあったときに調べきれるかってところ。

更新が止まるのが不安なの

wordpress.orgにも無料のテーマもたくさんでているけど、更新が止まったら別のに切り替えなきゃならないからね。だったら、デフォルトのtwenty-fourteenかtwenty-thirteenにする。

Stinger3もThemifyも優秀そうだからもうどちらでもいけど、試したいみたい気持ちが強いのはやはりThemifyのテーマ。
でも、現状レイアウトの変更がページごとに必要な場面もなさそうだから、やはりStingerでいいのか。

いずれにしても、サーバーがサクサクってわけではないから軽いテーマでjetpackとの相性がいいやつがいいですな。

 

 

 

(PR)




関連記事

通だね!狙い目の国別トップレベルドメイン

"新ドメインもいいけれど"で挙げた.co/.me/.tvはすでにメジャー感がたっぷし。 新ドメ

記事を読む

総括-ワールドカップをドメインという視点で見てみる!

ワールドカップをドメインという視点で見てみる! の総括をしてみる! 通常IT関連の話題とは違

記事を読む

安全なドメインと危険なドメインの境界線

よく.JPはスパムサイトの運用率が低く、.INFOなどはスパムサイトが多いというような記事をまだ見か

記事を読む

グループC-ワールドカップをドメインという視点で見てみる!

ワールドカップをドメインという視点で見てみる! ということで、まずは日本のいるC組からみるべし!

記事を読む

新ドメイン(NEWgtld)は2015年Q1Q2は要チェック!

ぞくぞくと新ドメイン(NEWgtld)の登録が開始されているが、ドメインナーにとってはお祭りのような

記事を読む

戦略特区ですと?

戦略特区=国家戦略特別区域 なんすかこのSFチックな国策! 戦略特区に関してはいろいろニュースが

記事を読む

新gtld増殖中ですね。.tokyoとかね。

ドメインってやつについて。 僕はドメイン大好き人間です。なんでかというと、短くてメジャーな単語

記事を読む

2018年はインフルエンサー合戦が本格化したな

wordpressの更新作業したらエディターが新しくなって「わからねえ」となっているbiztra

記事を読む

人気の新gtldは.clubがトップみたいよ!

気がつけば毎月新しいgtldが登録可能になっていってるわけだが、さて、この新gtld、現在どれに人気

記事を読む

freenom.comでgtld/cctldを登録する場合

freenom.comがパワーアップしてるぞの追記freenom.comで新たにgtld( com/

記事を読む

(PR)




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(PR)




新年号「令和」とドメインと

新年号「令和」 新しい年号決まったな まあ、なんか決めなきゃい

Vtuberのなかに企業運営が大いに混ざっている件

Vtuberのライセンス事業が始まったな 大人気バーチャルユー

2018年はインフルエンサー合戦が本格化したな

wordpressの更新作業したらエディターが新しくなって「わから

国税庁の法人番号公表サイトを知っているかね?

国税庁の法人番号公表サイトを知っているかね? タイトルそのままだ

床屋のコスパがよすぎ!男は黙って床屋へ行け!

久々に床屋行ったところから話は始まるわけだが、今の心境を一言で言うと「

→もっと見る

PAGE TOP ↑