*

デザインのテーマを早々と決定・Stinger3にしましたよ

公開日: : 最終更新日:2014/05/10 ノート

デザインテーマをどれにするかで、グチグチ書いていたのもつかの間

このブログはStinger3を使わせていただくことにしましたよ。

参考にしたのは作者さんのブログと公式サイト(デモサイトあり)

  • Stinger3公式サイト(Stinger3.com)

はじめて使うけどどうなんでしょう。
でも、ネットにカスタマイズなどの取り上げてるブログも多いし、公式サイトにもQ&Aもあるし何とかなるかな。
テーマを利用するとフッターにStinger3のテーマに著作リンクがでる。でもこれは削除したら駄目ってことです。
けど、これを削除しないでくれればカスタマイズもご自由にということです。

話はそれるけど

そういえばこのサイトのサーバーはロリポップのサーバーを使ってます。
このロリポップサーバーに関してはまたの機会に(財布にも優しい。アフィリエイトのプログラムを利用するとさらにお優しい)。

さらに話がそれるけど

それからアフィリエイトに関しても開始しています。
アフィリエイトプログラムはサイトを運営している人には利用した方が何かとメリットがあるだろうから、バナー云々とは別にサービスは利用できるようにしておいた方がおすすめ。

で、話はもどって

デザインテーマだけど、利用者が多いテーマっていうのは必然的にデザインや機能が似るんですけど、これは訪問者からするとサイトの閲覧に慣れてる可能性があるので、ユーザビリティ的にメリットもあるのかなと思います。
そういう意味でもStinger3という選択はいいのかなと思っています。
残念なのは、SEO的に良くなったかどうかはこのサイトの場合は全くわからないというところ。別のテーマでずっと運用していてStinger3にかえたならまだしも、初っ端からの利用なんで比較は無理です;

ところでThemifyは?

もう一つの選択肢だったThemifyのテーマに関しては、また別の記事で書くことにしやす。

 

 

 

(PR)




関連記事

ドメイン名を決める時は紛らわしくならないようにすべき

タイトル通りドメインを決める際のお話です。 ドメインを決める時は基本好きな文字列を決めてどのト

記事を読む

グループE-ワールドカップをドメインという視点で見てみる!

ワールドカップをドメインという視点で見てみる! 過去には優勝経験もあるフランスがいるE組をみるべし

記事を読む

freenom.comでドメイン(tk,ml,ga,gq,cf)の登録をする時は・・・

freenom.comは無料でドメインを登録できるサービスを提供している。機能的にも問題ない(ネーム

記事を読む

安全なドメインと危険なドメインの境界線

よく.JPはスパムサイトの運用率が低く、.INFOなどはスパムサイトが多いというような記事をまだ見か

記事を読む

ご当地のキャラやアイドルブームの次は何?

ふなっしーにくまもんなど各地域のマスコットキャラクターがブームになっていますが、いずれは、飽和状態に

記事を読む

ドメインの決め方のパターン

ドメインの決め方はいろいろあれど大きく分けるの次のような感じになるのではないでしょうか? 文字列を

記事を読む

もっと通なドメイナーと呼ばれたい人へ

通だね!狙い目の国別トップレベルドメインの続きですよ! 通だね!狙い目の国別トップレベルドメイ

記事を読む

ドメインのページランクってなんぞ?というお話

ドメインにはそれぞれページランクというものがある。 これはぶっちゃけ検索などには影響がない。 だ

記事を読む

freenom.comがパワーアップしてるぞ

無料でドメインを使えるサービスで超有名なfreenom.com久々に管理画面をのぞいたら新しい機能が

記事を読む

検索結果とドメイン選び

ずばり検索結果とドメイン選びについてちょっと語ってみる。 ドメインを取得する際にやはり気になる

記事を読む

(PR)




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(PR)




新年号「令和」とドメインと

新年号「令和」 新しい年号決まったな まあ、なんか決めなきゃい

Vtuberのなかに企業運営が大いに混ざっている件

Vtuberのライセンス事業が始まったな 大人気バーチャルユー

2018年はインフルエンサー合戦が本格化したな

wordpressの更新作業したらエディターが新しくなって「わから

国税庁の法人番号公表サイトを知っているかね?

国税庁の法人番号公表サイトを知っているかね? タイトルそのままだ

床屋のコスパがよすぎ!男は黙って床屋へ行け!

久々に床屋行ったところから話は始まるわけだが、今の心境を一言で言うと「

→もっと見る

PAGE TOP ↑