*

通だね!狙い目の国別トップレベルドメイン

公開日: : 最終更新日:2014/05/21 ノート

“新ドメインもいいけれど”で挙げた.co/.me/.tvはすでにメジャー感がたっぷし。

新ドメインもいいけれど

でも、まだまだgoogleのウェブマスターツールで国ごとにターゲットを設定できるgtld的なcctldはまだあるので4つ挙げときます。

特別な機能が使えるドメイン

.cc(オーストラリア領ココス諸島)

ccというシンプルな文字列なので、とても覚えやすい。
オーストラリア領ココス諸島の政情不安もなさそうで、長期的なドメイン運用も十分あり。
レジストリ(ドメインの管理運用)はベリサインが委託だというのも安心ですな。

.nu(ニュージーランド領ニウエ島)

nuはオランダ語の『新しい』の意味だったり、フランス語の『ネイキッド』的な意味だったり、とにかくヨーロッパではなかなか人気。
レジストリはスウェーデンのiis.seというseドメインのレジストリでもあるところがやっている。
残念なのは日本国内で取得できる会社が少ないってところ。
でも、海外のドメイン会社だととれるところは多い(海外のドメイン会社についてはまたどこかで記事を各予定)。

.ws(サモア)

南国感のあるサモアのドメインだけどgoogleの国別ターゲット設定も可能な便利なドメイン。
ws=web siteということでどんなサイトでもOKですな。
メジャーな文字列もまだ探せばあるでしょう。

.tk(ニュージーランド領土トケラウ島)

無料でドメインゲットできる的な話を以前かきました。

無料でドメインを使いたいなら、freenom.com

でもおなじみtkドメインは、実はgoogleの国別ターゲット設定も可能なすごい便利なやつなのです。
個人的にはtk=TOKYOを彷彿させるいい感じの文字列なので、使い方次第でものすごく便利なドメインになっちゃうかもですな。
登録料・更新料もcomやnetとそうかわらないので、お財布にもやさしいよ(制限ありの無料で取得しない場合、ビジネス利用なら有料でしっかりゲットしましょうね)

ドメインはまだまだ探せばありそうだ。
きりがないけどやめられない。
ドメイナー(ドメイン保有している人)入門も参考してくださいな!

(PR)




関連記事

安全なドメインと危険なドメインの境界線

よく.JPはスパムサイトの運用率が低く、.INFOなどはスパムサイトが多いというような記事をまだ見か

記事を読む

開業にともなうドメイン取得

個人法人問わずビジネスをはじめるときには必ずと言っていい程ドメインの新規取得が必須になる。 独

記事を読む

Shop? Store? どっちを使うか?

オンラインで販売するサイトは今や日常的によく目にする。 こういった趣旨のサイトを作るときに迷う

記事を読む

例えば0円・3000円・5000円の起業セミナーがあった場合

さあ、どれに参加しましょう??? どれがどれだけ有益な情報が得られるかわかりませんよね?

記事を読む

新ドメインがけっこう出揃ってきてるじゃないですか!

今年に入って新ドメイン(New gtld)が次々に登録可能状態になってますけど、どれかゲットしてみま

記事を読む

freenomでgtldや一部cctldを管理している人は注意すべし!

以前から気がついていたんだが、freenom.comとicannの関係がよろしくないようだ。 えっ

記事を読む

新gtld増殖中ですね。.tokyoとかね。

ドメインってやつについて。 僕はドメイン大好き人間です。なんでかというと、短くてメジャーな単語

記事を読む

2018年はインフルエンサー合戦が本格化したな

wordpressの更新作業したらエディターが新しくなって「わからねえ」となっているbiztra

記事を読む

グループF-ワールドカップをドメインという視点で見てみる!

ワールドカップをドメインという視点で見てみる! 優勝候補名に名を連ねるアルゼンチンチームもいるF組

記事を読む

ドメインの需要を調べるならsedoでしょう!

以前にドメインの売買についてsedoをとりあげたことがある。 ドメイン売買サイトといえばsed

記事を読む

(PR)




(PR)




新年号「令和」とドメインと

新年号「令和」 新しい年号決まったな まあ、なんか決めなきゃい

Vtuberのなかに企業運営が大いに混ざっている件

Vtuberのライセンス事業が始まったな 大人気バーチャルユー

2018年はインフルエンサー合戦が本格化したな

wordpressの更新作業したらエディターが新しくなって「わから

国税庁の法人番号公表サイトを知っているかね?

国税庁の法人番号公表サイトを知っているかね? タイトルそのままだ

床屋のコスパがよすぎ!男は黙って床屋へ行け!

久々に床屋行ったところから話は始まるわけだが、今の心境を一言で言うと「

→もっと見る

PAGE TOP ↑